スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by スリーピート  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

レラ?連勝!

今日はホームのアルファコートドームで
東芝ブレイブサンダースと対戦
相手は6位のチーム
こちらは最下位と低迷中

出だしから10点差を付けられる
いつもの事ながら1Qリードで終わる事はあまりない
OFFに関しては相手のプレッシャーが強く
良い形でのパス、1対1、シュートが出来ない
そんなシュートだと当然リバウンドもとれず
相手のペースとなってしまう

2Qもいい所が無いまま終了
ハーフの時点で10点差となる

前半見る限りでは阿部とジャイが出ている時の方が
流れが良かった

10点差で終われたのはジャイのおかげかな・・・

後半はいつものメンバーでスタート
ここから今まで眠っていた大治が存在感を見せる
リバウンド、シュートと活躍
持ち前の強さを生かしペイント付近で勝負

3Qはリバウンドの頑張りが見え6点差まで縮めて終了

4Q残り6分くらいで折茂の3Pで2点差とし
5分半で桜井がSTからダンクで同点
一気に盛り上がる!
相手はたまらずタイムアウト
流れは完全にレラに傾いた

終わってみれば10点差の勝利
勝因はまずはジャイの頑張り
リバウンド、シュートをきっちり決めていた
大治の後半のリバウンド、シュート
前半は存在感が無いくらい目立たなかったが
後半は積極的に1対1からシュート
リバウンドからシュートと
自分の攻めをやりきった

チームとしていいところはFT%の高さである

改善点はまずはDEF
ペネトレイトに対するカバーDEFやスイッチングが
うまくいってないためG陣でも簡単にペイントでシュートを
決められていた

試合の出だしのリズムの悪さ
出だしがあそこまでひどくなければ
ここまで苦労する試合にならなかっただろう

改善の案
?スタメン変更?
阿部、朝山、桜井、山田、ニュートン
やはりPGとしての能力は阿部の方が上
阿部がプレイしている時の方がリズミカルな
展開でメリハリが良い
桜井の能力を考えたらSFで使い
もっと走らせるしかない
その方がリバウンド、シュートに積極的になれる
折茂はシックスマンとして大事な場面で
起用したいところだ
彼の年でスタメンはきついだろうし
若いやつの方が波を作りやすい
反面、壊しやすくもあるのだが・・・

レラは思い切ったプレイが出来ないのですかね?
基本的にハーフコートOFFの時に動きが
少ない、パスをもらうだけで苦労している
インサイドとアウトサイドの連携が少ない

ALL JAPANが4人もいるチーム
なのだからもっとかっこよく勝ちたいね?

現時点で7位に上がり
6位とも僅差となりました

絶好調で突っ走れ?




スポンサーサイト
テーマ: レラカムイ -  ジャンル: スポーツ
by スリーピート  at 22:04 |  JBL |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

総合選手権

総合選手権男女決勝TVにて観戦

女子はJOMO vs 富士通

注目選手としては全日本にも選抜されている
大神、吉田、三谷、矢野といったところでしょうか
富士通の中畑はガッツがあり良い選手なのですが
ケガのため欠場の模様です

1Q、2Q、JOMOのペースで開始
JOMOはDEFをゾーンとマンツーで変化をつける
富士通はTOが多いのと得点源である矢野が
きっちりマークされて苦しい展開
JOMOは途中出場の内海が3Pの調子がよく
2Qだけで13点と全日本代表の力を見せた

3Qにも点差を広げられ3Q終了時点で28点差
で勝負あり

出だしのJOMOのマンツーを攻略出来なかった
のは大きい
三谷のマッチアップである諏訪、山田
を外に引きずり出した時のインサイドの攻めが
良くなかった

最も大きな差はリバウンドである
50?34と16本も差が出れば点差にも大きく影響
するのは当然だ
JOMOは小柄なSGである吉田亜沙美が飛び込み
でのREBを多くとっており、諏訪、山田のフォローをした
富士通は船引まゆみが9Rと奮闘していたが彼女も
とび込みが多くREBは背で取るんではない
と言う良いお手本になったと思う

バランスの良さでJOMOが上回ったゲーム内容だった

ベスト5に吉田亜沙美の名がないのが納得いかないが・・・

続いて男子
アイシン vs 日立

当然アイシンを応援します
道出身の柏木がいるのですから・・・

出だしアイシンはプレッシャーの強いマンツー
日立は攻めきることが出来ず13?0とアイシンリード
日立は攻撃のリズムがつかめないまま
ハーフの時点で40?18とアイシンリード

前半FG%が22%じゃあ勝てるわけ無いよね?
打っていると言うより打たされている感じがしていた

後半は3Qにお5点を詰めたのだが流れと言う点では
3Q終了時のヤングの3Pが入ったのは大きいと思う
たった3点なんだがそれ以上の重みがある

4Q出だしから一進一退の攻防が続くが
日立が10点差まで追いつく
一ケタになれば逆転も見えてくるのだが
そこからが遠く、柏木、佐古にコントロール
されゆっくりとしたペースのゲームとなる
ファウルゲームとするが時すでに遅し

結果的には17点差でアイシン勝利だが
内容的にはもっと点差が開いても良いゲームだった

日立はPGである五十嵐のTOが大事な場面で目立ち
相手に流れをつかまれたように思えた
五十嵐にかわって出た佐藤の活躍が良く
五十嵐をPGで使うのはどうかな?と思った
PGよりもSGで使う方がと思う

アイシンは桜木・竹内のインサイドが強く
柏木・佐古等の安定したガード陣がいて
バランス良くOFF・DEFともに勝っていた

それにしても予想通りの勝利でよかった!

テーマ: バスケットボール(日本) -  ジャンル: スポーツ
by スリーピート  at 21:51 |  JBL |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。